ちいさな勇者 12月24日(水)

前回の発作は11月12日でした

1ヶ月と12日間・・・今のところ発作も予兆も見られていません

間隔としては・・・くるとしたら来る頃です
なので、警戒はしています

・・・そう思いながら、この記事を作っていました。ほぼ完成した状態であとは公開をクリックするだけ!
このまま、発作が起こらずにいてくれたらと思い・・・今日、UPする予定でおりましたが




先程、発作が起こってしまいました
幸いにも、とても短い 小発作でした



私が洗面室にいると、アニーが鼻先で私の足を突きます
アニーの甘あまかと思いましたが、突いてはリビングの方向を向き、また突きます、そしてまたリビングを覗き・・・そして、また突くと・・・繰り返します 
誰か来たのなら、大騒ぎになるはずです
洗濯機の音で異音は聴こえません




もしや!?と思い、行ってみると・・・ソフィーが、TV台とローボードに挟まっている!


発作だ!!

時刻は?

AM8:16

ゆっくりと、ソフィーの身体を滑らすように手前に引き寄せカーペットのほうへ・・・
痙攣の動きで移動しないようにそぉ~っと抱え込むようにして身体を支え、撫でてあげる



AM8:19

発作が治まった



しばらく横たわったまま、私もそばで撫でながら見守る
重積発作はなし




ソフィー・・・・・発作の後、しばらくは悪夢から覚めたように・・・ここはどこだろう?いったい何があったのだろう?といった面持ちでしばし、呆然とした後で家中を確認して歩きます(その姿はちょぴり切ない)


ホッとしてソフィーを観察していたら笑顔が見られ、更に安心しました!(よかった)
その時の笑顔が一番下に貼り付けた写真



お手柄アニーちゃん!ありがとうね~!!
よく、お姉ちゃんの様子を気にかけてくれます!





獣医さんは、投薬しながらも1~2ヶ月に1回位の発作なら、うまくコントロールできているとおっしゃっています





声かけには、必ず応えてくれるソフィー
やわらか~いソフィー
画像


穏やかなソフィー
画像


体重9kg・・・何故かコロンとして見えるソフィー
画像


人にも犬にも優しいソフィー
画像
 ソフィーに甘えるアニー




今年は初っ端から目まぐるしく色々なことがあった一年でした
何年も前からソフィーとアニーのことを巻き込んでしまっていました
日を増して進んだ母の認知症・・・まさに24時間の壮絶な介護でした


才女と呼ばれていた女性だったのに・・・
とても賢くて優しくて、楽しいお婆ちゃんだったのに・・・


ソフィーとアニーのことを一番みてくれていたお婆ちゃんだったのにね
ふたりともお婆ちゃんのことが大好きでした



ものすごく大きなストレスを抱え込んでしまったソフィー
重圧に必死に耐え続けてくれたソフィー
そんなことから、健康だったソフィーに病気が発症してしまいました




私達でさえ、精根尽き果てる様な毎日だったのに・・・・・(/ ;)




家族と一緒に困難を乗り越えてくれて、本当にありがとうね~
いつもソフィーが頑張ってくれてアニーのことも守ってくれていたんだよね~






こじんまりとした小さな身体にバイタリティーと勇気が満ちています

画像




たくさんストレスを抱えていて、そばに居てほしかったに違いない時に、家を空けることが多かったり、家に居てもあまり触れ合ってあげられなかったり、そして今はべったりだから、やや分離不安症傾向だけれど・・・
少しずつ解消に向けて、試行錯誤しながら・・・
また以前のようにお留守番が出来るように慣らしていけばいい!





私達にとって激動的だった一年が過ぎ去ろうとしています




今年一番、心から感謝をいいたいのはソフィー
そして仲良く支え合ってくれたアニーです




「わたし達、お母さんとお兄ちゃんが大好き!」
画像



「お母さんとお兄ちゃんも、ソフィーとアニーのことが大好きだよ~!!」
\(*^^*)/ 





本当に本当に・・・ありがとう!!
ちいさな勇者さん






発作後のソフィーの笑顔
画像

画像

画像



この笑顔、来年も再来年も・・・ずっとずっと 守ってあげなければ!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント