ふたつの宝物-ソフィアニwithはは

アクセスカウンタ

zoom RSS 食事の大切さ

<<   作成日時 : 2014/12/27 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ソフィーもアニーもシニア犬ですので、消化器官への負担を考慮して、最近食事の内容を少し変えました

特にソフィーが患ってからは、ペットフードに対しては相当厳しく目を光らせるようになりました
不透明な点が多いペットフード、値段も品質もピンキリ、タダ同然の原料が使用されているかもしれない
絶対的な需要も多いので売れればいい!安価なものは薄利多売の典型であるように思えます



格安のものはとにかく便が多い、便の色素が薄い、軟便傾向です
これによって、ふすまの量が多く動物性の赤身の肉が少ないということが解ります
具体的な原料名までは判りませんが・・・(だからこそ怖い)




人間でも犬でも摂取した栄養が辿る工程は同じですから
大切な消化器官や排泄器官を正常に機能させてあげることで全身の健康が保たれるはずなのです




今は80〜90%が食材を使った手作りです
ドライフードは1〜2割程度しか入れません



ドライフードは私なりに調べた上で厳選しています!
私は、これを選びました


アカナパシフィカまたはオリジンの6フレッシュフィッシュ
近くのペットショップには置いてないので、取り寄せます
画像
若干、割高ですが使用するのは少量なので、けっこうもちます



朝晩の、この子達の食事の内容です


鶏がらを白濁した白湯スープになるまで煮込みます(鶏がらは1羽 70円〜100円程度です)
骨も手で容易に割ってほぐせるように柔らかくなり、少し身も付いているので肉も骨も食べられます
これをストックしておきます



食べられる煮干

その日にある野菜や果物

ご飯(水分を含んでいて柔らかいし単にお腹を満たすものとして少量)

日によっては、生のサーモンやマグロやすりゴマやのり、ワカメを使うこともあります
(食材はどれも人間に使用した残りものです)




これらはすべて、人間と同じもの!

ペットに贅沢な!と思われる方もいるかもしれませんが・・・



この子達に与える野菜の9割は人用に調理する際に使わないような部分です
お刺身も柵で買って、端っこの方です




あえてお金をかけているわけではありません・・・僅かな手間をかけているだけです



ここに、犬用の(といっても、人もOKの!)鶏肉のミンチや馬肉のミンチを加えます・・・もちろん国産です
これは取り寄せます・・・100g90〜100円ですから、それほど高くはありません
画像

これらを必ず、一度に全部使うというわけではありません



この食事にしてから4ヶ月ほど経ちます
体調は、いいようです




シニア犬なので本当は、日に3〜4回の分食にしてあげられれば理想的なのですが・・・
残念ながら、そこまでこの子達に時間を費やせるほど融通は効きません(^^;)



画像



便も、柔らか過ぎずカチカチではなく、濃いこげ茶色で、形も良く、一日に1〜2回で、すこぶる快調です
毛並みも滑らかで艶もあります





元々好き嫌いをする子達ではありません 
とにかくよく食べてくれます


私達が食べているものが、(一部を除いては)一番安全なわけですから・・・




ペットフードに対しての意見は、様々ですが・・・
周囲に惑わされることなく、そのワンちゃんのオーナーさんの判断がその家庭では一番正しい!ということでしょうね




我が家は、模索しながら私なりに判断をしています





アニー「ごはん!ごはん!」
画像



アニー「お姉ちゃんご飯残ったらあたしにちょうだい!」
ソフィー「残さないよ〜」「アッちゃん ちょっと食べ過ぎね!」
画像





人もどうぶつも、食を基でに生きています





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食事の大切さ ふたつの宝物-ソフィアニwithはは/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる