アニー

半年ぶりの更新になります

大変なご時世になってしまいましたね

私も仕事柄 日々緊張感の中で奮闘しております
私生活においても色々と試行錯誤を繰り返しながら心身の健康を保ちつつストレスをため込まないような生活を送っております


さてそんな中2020年6月1日でアニーちゃんは15歳を迎えました。


これは3月かな相変わらず仲良しな老婆達ですが・・・
仲良し姉妹②.JPG
仲良し姉妹①.JPG






今までのいつものソフィーとアニー
自然と同じ格好をしています
DSC_5426.JPG


アニー5月の連休後の金曜日にけいれん発作が起こり
その後が寝たきり状態になってしまいました


4月の初め頃から歩き方が時々ぎこちなかったのですが年のせいだと思い様子を見ていました
様子を見ていてもそれ以外は特に変わったことも異常もなく食欲もあり排泄にも問題があるわけではありませんでした


ぎごちなさが強い日と何でもない日があり気にも留めませんでした

5月15日の金曜日
いつものように午前中の仕事を終えてお昼休みに帰宅をした時 アニーがワゴンの下で床とワゴンの下段の棚板に挟まれた状態でガタガタと音を立てて大きな痙攣を・・・・!!!

慌ててしまい とっさにワゴンを引きながらアニーを救い出してソフィーが発作時に使っていた抗痙攣坐薬を使いましたが治まらず
午後は休みを取りアニーについていました

迷いました
病院に連れて行けば検査をされるであろうし
多分処方されるクスリは抗痙攣薬
それなら沢山ある
与薬投薬なら躊躇なく問題なく出来る


こんなに高齢になって色々検査されるのはアニーにとっても苦痛以外にない
だったら私に出来るすべてのことをしてあげようと・・・


結局徐々に痙攣は強弱を繰り返しながらも夜には治まりました
が・・・・・・そのまま寝たきりの状態に


一日に数回の水分と体位の交換とオムツ交換
朝晩のペースト状の食事をカテーテルチップという大き目の注射器のような物で口に流し込んであげる


そして体をさすったり声をかけたり抱っこをしたり


最近では目やにで目が閉じっぱなしで開けづらくなってしまっていますが
朝晩の抗生剤の点眼を行い
とにかく目の周り口の周りお尻の周りを清潔に保つようにしています



アニー首も座らなくなってしまっていますが
私の足音と声にわずかながら手足をバタつかせて反応を示してくれます



まん丸でコロンとしていた可愛らしい体系はすっかり骨盤やあばらが浮き出てしまいゴツゴツしたガリガリの体になってしまいました


寝たきりのアニーです
アニー寝たきり②.JPG

ソフィーもアニー以上に高齢で目もよく見えませんし認知症ですから
部屋の中をクルクル徘徊しながらアニーのことを踏まないようにと
アニーちゃんを壁際に移動して椅子やらワゴンやらで囲ってますが
仲良し姉妹ですから
ソフィーはアニーを気にして探して近づいてしまいます
アニーに寄り添う①.JPG
気が付くとこうしてアニーに寄り添っているソフィー

アニーに寄り添う③.JPG

この姿をはじめに見たときには思わず涙ぐんでしまいました
アニーの表情が心なしか穏やかに安心しているような表情に見えます


この先何があったとしても
アニーが穏やかな日々を送れるようにアニーの嬉しそうな表情や穏やかな様子が伺えるようなそういう日々をつないでいきたいと

飼い主にとっての自己満足に終わらないようにアニーちゃんが抱っこされたら嬉しそうにこちらを見つめ返してくれたり水分やご飯を積極的に口を動かして飲み込んでくれたり気持ちよさそうに眠ってくれたり・・・・
そういうアニーの一挙手一投足や表情を見逃さないようにその日が来るまで今まで通りの日常を送らせてあげたいと思います

アニー・・・ソフィーの幸せが 私達家族にとっての幸せであること
それが今まで癒し続けてくれたアニーへのそしてソフィーへの感謝の現れであると信じています



2020年6月3日    ソフィアニ母の想いです








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント